平面から立体に、
立体から平面に

私たちは、紙パッケージや什器、プロダクトなどのデザイン・制作をしています。一つ一つの案件に対し、展開図面から実際に組み立ててサンプルを作ります。箱は紙の厚みによって外から見えている寸法と実際の寸法が異なり、平面デザインによる設計だけでは、折った部分や接着した部分の微妙な誤差が分からないからです。
さらに重要なのが強度と機能性。組み立てるのが複雑だと作業効率が悪くなります。かといって簡単に壊れたり、フタが空いてしまったりするものではよい設計とは言えません。箱は外形は同じでも、その設計には無数のアプローチがあり、仕上がりの精度が問われます。私たちは長年の経験と知識を活かし、用途や機能などさまざまな側面を考慮したベストな設計をめざしています。組み立てる紙を型抜くための「木型」を長年作ってきたこと。それが私たちの技術の礎としてあるからなのです。
We are Nakanokigata.inc.

Introduce our Staff

創業以来、長年木型製作を行ってきましたが、「商品の心をカタチにする」の理念を推し進め、ここ数年はデザイナーさんとの共働作業が増えていきました。クリエイティブな発想に私たちの技術を活かしていくことにやりがいを感じています。

お客様の要望をどんな形にすればよいか、そしてどのように作ればよいのかをいつも考えています。常に工夫する努力が求められる仕事ですが、お客様に喜んでいただきたい一心で取り組んでいます。

中野秀輔
専務取締役

設計図・展開図をデザインしています。寸法出しが短時間でぴたっと決まった時はうれしいですね。オリジナル商品の開発にも関わっています。

鈴木美奈子
企画部設計室

徹底的に検査し、製品の品質管理と木型の製造をしています。どうすればよりよくなるのか、いつも考えています。

福山佳代
製造部主任

日々新たな製品が現場で生み出されています。設計部だけでなく、製造現場でもデザイン力を身につけて独創的なモノ作りが進められるようすることが今の関心事です。

中野俊彦
取締役

いろんな工程を経てできていく木型。そしてその木型で抜いた紙を立体に組み立てたとき、想像していたものとできたもののギャップがおもしろいですね。

佐々木悦子
製造部

木型を社員全員で協力し合い、製作する楽しさにおもしろみを感じています。これからもお客さまに満足していただける木型を作っていけるように、日々頑張っています。

佐竹義崇
製造部

正確さと迅速をモットーにしています。新しいお客様と出会えることが私の楽しみです。

本多みどり
アシスタント

CADデータの制作を担当しています。自分で設計したデータでサンプルや木型を作っていくことに、おもしろみとやりがいを感じています。

今田尚樹
企画部設計室、製造部

スタッフの皆がクリエイティブを発揮しながら、早くかつ納得いく形に仕上がるようにマネージメントしています。

中野保子
企画部設計室

会社概要

会社名 株式会社 中野木型製作所
所在地 〒570-0032
大阪府守口市菊水通3丁目11番9号
TEL: 06-6991-0776
FAX: 06-6991-0882
代表者 鈴木 美奈子
設立 昭和50年4月1日
資本金 1000万円
従業員数 11人(パート含む)
営業品目 紙器に関する総合企画、パッケージ・什器等の設計・デザイン・制作、抜型製作、小ロットトムソン抜き加工
取り扱い製品 ダンボール、紙器、POP・展示台、一般包装資材
認定 大阪府認定 大阪の元気!ものづくり企業
守口門真商工会議所 ものづくり元気企業
取引銀行 りそな銀行 三菱東京UFJ銀行 永和信用金庫

OUR DESIGN IS CREATIVITY AND FUNCTIONAL FORM.